経費精算はシステムを利用すると便利

経費精算は会社の業務の一つです。出張や備品購入などで支払った費用の精算をすることになるのですが、人によって使用した事柄も、金額もばらばらです。出張の時などに支払われる手当などもそれぞれで異なります。従来は、経費精算は、手書きで所定の用紙に必要事項を書き込み、領収書などを添付して経理に提出していました。経理はこれを手作業で確認し、間違いがないかをチェックします。そのため、非常に労力を必要とする仕事でした。現在では、経費精算のソフトなどを使用すれば、簡単にその作業を行うことができます。ソフトを利用すれば、当てはまる項目を選びだして金額を入力すれば完了なので、精算が遅れがちだった人にも簡単で便利です。チェックする方も、字が汚くて読めないよいったトラブルを防ぐことができ、あらかじめ手当ての金額などを設定することもできます。クラウドを利用して、アウトソーシングを行う方法もあります。

経費精算は早く終わらせる

経費精算は出来れば早く終わらせるに限ります。でもこれが案外面倒なんですね。仕事の合間にしようと思っても、途中でとまってしまって、そのまま出張ということも多いと思います。そうなると、また経費の清算というのが伸びて、上乗せして言う事になります。全社員統一で、簡単なシステムが公開されていると楽ですね。そこに打ち込むだけでいいというのはうれしいです。そういうシステムが導入されているといいです。確定を押しても変更ができるといいです。ある役職以上しか扱えないようにパスワードを設定して、そこからしか入れないようなものなら管理もしやすいのではと思います。そうしないと、一つの部署が一手に引き受けていてはなかなか業務が進んでいかないと思います。効率を図るのであればそういうものが必要となってくると思います。人手が足りないところは特にそうですね。

経費精算のしかたについて

私は現在病院で勤務しています。私の働く病院では各部署ごとに予算が毎月決められており、担当が毎月月末になると経費精算をして、事務部に提出しています。事務部では2人態勢で病院全体の経費精算をダブルチェックで見落としが無いように行っています。私は部署で主任をしていて毎月経費を精算する係りをしているのですが、意外に大変で細かい作業に感じています。購入したらその都度パソコンのエクセルに打ち込んでいくのですが、その月の終わりに購入したレシートと領収書を照らし合わせて相違が無いか、残金に差異はないかなどをチェックして、事務に提出しています。何人かの人たちが買い物をするために、意外に数円単位であわない事もよくあり、細心の注意を払って経費の管理をしています。病院では専属の税理士や経理の人がおり、監査などが数年に一度あるために間違いがないようにチェックしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*